読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とカメラとマイレージ

旅行とカメラが趣味の陸マイラーblog

【まとめ】飛行機に乗らず年間20万マイル以上貯める方法

飛行機に乗らず年間20万マイル以上貯める方法

マイルなんて貯めても意味がない?

この記事のタイトルを見て『飛行機に乗る機会が少ないからマイルなんていらねー』と思った人程最後まで読んで頂けたら嬉しいです。

f:id:Byou:20160515164728j:plain

 飛行機に乗る機会が少ないからマイルなんていらねー』つい先日まで私もこの様に考えており、これまで一度としてマイルを貯めたことはありませんでした。

しかし初めての海外旅行へ行き、帰国後マイルについて調べたところ飛行機に乗らなくても大量のマイルを獲得する方法があるということが判明します。

そもそもマイルとは?

実際今までマイルを貯めたことがなかった私にとってマイルとは『飛行機にのると貯まるアレね』程度の認識しかなく、詳しいマイルの貯め方やマイルの使用方法については全くの無知でした。

まずはANA公式サイトよりANAマイルの使用方法についてご紹介したいと思います。

www.ana.co.jp

マイルにはたくさんの用途がありますが簡単に紹介すると以下の通りとなります。

・航空券への交換(家族へプレゼントすることも可能)

・航空券のアップグレードで使用

・ネットショッピングで使用

・ID バリューやTポイントへの交換

 そしてほとんどの方が最初に紹介した『航空券への交換』を目指し、マイルを貯めていると言っても過言ではないかと思われます。

f:id:Byou:20160515175351j:plain

 

どこの航空会社のマイルを貯めるべきか

 恥ずかしい話ですが私は今回初めてマイルを貯めるまで、各航空会社毎にマイルを貯めるためのサービス(マイレージプログラム)があることを知りませんでした。

ヨドバシカメラにはヨドバシのポイントサービス、ビックカメラにはビックカメラのポイントサービスがあるように航空会社にも当然自社のポイントサービス(マイレージプログラム)があるのです。

しかし航空会社のマイルはヨドバシカメラビックカメラのポイントと違い他社の航空会社間で相互利用が可能という特徴があります。

※但し全ての航空会社間でマイルの相互利用が可能という訳ではありません。

ではどの航空会社間でマイルが相互利用ができるのか紹介したいと思います。

まず各航空会社それぞれが航空連合(アライアンス)という業務提携を結んでおり、現在世界三大アライアンスと呼ばれているグループが3つあります。

基本的に同じアライアンスに加入している航空会社間であればマイルの相互利用は可能となります。

スターアライアンス

世界最大規模のアライアンスでありANAもこのアライアンスに加入しています。

f:id:Byou:20160515195816j:plain

H.I.S. 航空会社丸わかり!スターアライアンス加盟航空会社|航空券予約なら【H.I.S.】

 

スカイチーム

世界第2位の規模を有するアライアンスですが日系の航空会社は加入していません。

f:id:Byou:20160515204046j:plain

H.I.S. 航空会社丸わかり!スカイチーム加盟航空会社|航空券予約なら【H.I.S.】

 

ワンワールド

世界第3位の規模を有するアライアンスであり、JALも加入しています。

f:id:Byou:20160515204045j:plain

H.I.S. 航空会社丸わかり!ワンワールド加盟航空会社|航空券予約なら【H.I.S.】

さてここで本題ですがどこの航空会社のマイルを貯めるべきか。

これだけ航空会社があると迷いますよね。

頻回に利用する航空会社やアライアンスがあるのであれば、その航空会社のマイルを貯めることが望ましいと思います。

しかし航空会社に拘りがなく、初めてマイルを貯める方はANAのマイルを貯めることをおすすめします。

 

なぜANAのマイルを貯めるべきなのか

・圧倒的にマイルを貯めやすい

スターアライアンスに加入しておりANAで貯めたマイルを同じスターアライアンス内の航空会社で利用することができる

マイルの貯まりやすさですが同じ日系のJALと比較した場合、単純に計算すると1.8倍ANAのマイルの方が多く貯まります。これについては後述します。

また先ほどアライアンスについて紹介しましたがANAは世界規模最大であるスターアライアンスに加入しておりANAで貯めたマイルを多くの航空会社で利用できることも魅力であると思います。

 

貯めたマイルでどこに行くことができるか

国内線

f:id:Byou:20160515222710j:plain

 

f:id:Byou:20160515222952j:plain

www.ana.co.jp

貯めたマイルを利用し、交換した航空券のことを特典航空券と呼んでおり、マイルを特典航空券へ交換するにはシーズン目的地までの距離が関係しています。

例えばレギュラーシーズンで、東京ー沖縄間の往復特典航空券の必要マイルは18000マイルとなります。

国際線

f:id:Byou:20160515222953j:plain

 

f:id:Byou:20160515222954j:plain

 

f:id:Byou:20160515222955j:plain

www.ana.co.jp

国際線の特典航空券も国内線と同様にシーズン距離(Zone)で必要マイルが変化します。

例えばハワイにレギュラーシーズンでエコノミークラスで特典航空券を獲得する場合は4万マイル必要となります。

今回の記事タイトルである20万マイルの価値についてなんとなく想像できたでしょうか?

 

年間20万マイル以上貯める方法

長々とマイルについて説明してきましたが、ようやく年間20万マイル以上を飛行機に乗らず貯める方法を紹介します。

1.ポイントサイトでポイントを貯める

ご存知の方は日頃からポイントサイトを利用しているのかもしれませんが私は今までポイントサイトの存在すら知りませんでした。

マイルを貯めないにしても、もっと早くからポイントサイトを利用しておけばよかったと本当に後悔しています。

なぜなら貯めたポイントはマイルだけでなく現金やAmazonギフト券等にも交換ができるからです。

では実際にどの様にしてポイントサイトでポイントを貯めていけばよいのか、私が良く利用するハピタスを例に紹介したいと思います。

まずハピタスを利用するにあたりハピタスへの登録が必要になります、登録費や年会費は一切かかりません

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

登録自体は簡単なのですが今までポイントサイトに登録したことがない私にとって大きな抵抗がありました。

それは個人情報(実名や電話番号等)をサイトに登録するということです。

よく『うまい話には裏がある』といったもので、楽して儲ける方法絶対に儲かる方法等ネット上にはこの手の話が蔓延っています。

そのため個人情報をサイトに登録することで変なセールスの勧誘や詐欺に合わないかという心配がありました。

しかし多くのブロガーがポイントサイトを紹介しており、その安全性や仕組みについての説明があっています。

そして私が実際にポイントサイトを利用した限りではセールスの勧誘や詐欺紛いなことは一切ありません

f:id:Byou:20160516143852j:plain

またポイント自体も楽に稼ぐことができ、先ほども述べた様に『どうしてもっと早くからポイントサイトを利用しなかったのか』と 後悔することになります。

例えば去年私は三井住友VISAカードを作成しているのですが、もしハピタス経由で申し込みを行えば3000ポイント獲得できたことになります。

ちなみにハピタスでは1ポイントは1円の価値がり、このクレジットカードを発行するだけで3000円分のポイントとなるわけです。

f:id:Byou:20160516134521j:plain

その他にもクレジットカードを作成するだけで高額ポイントをもらえる案件は多数あり、初年度年会費無料や永年年会費無料のカードもあります。

f:id:Byou:20160516134549j:plain

 

またFXに口座開設し、設定された取引を行ったらポイントが獲得できる案件もあります。

f:id:Byou:20160516134550j:plain

FXで取引をしなければいけないということで敷居が高く感じるかもしれませんが、実際はとても簡単に取引を行うことができます。

そしてポイントを獲得するためだけに行う取引内容であれば損失額も数百円で済ますことが可能です。

trip-camera.hatenablog.com

 

またハピタスでは楽天市場楽天トラベルじゃらんヤフオク等の利用でもポイントを貯めることが可能です。

更に楽天市場であれば楽天ポイントとハピタスのポイント、じゃらんであればPontaポイントとハピタスのポイントの2重取りが、そしてクレジットカード決済を行えばクレジットカードのポイントを含めた3重取りが可能となるわけです。

 

2.ハピタスからPeXへポイントを交換する

こうしてハピタスでポイントを貯めていくのですが、ハピタスで貯めたポイントは現金化、もしくは何らかのポイントへ交換しなければ基本的に使用することは出来ません。

f:id:Byou:20160516152905j:plain

マイルが必要ない方はAmazonギフト券現金化してもよいのですが今回はあくまでもANAのマイルを貯めることが目的ですのでその手順について説明します。

ハピタスのポイント交換先を見て頂くと分かる様に、ANAのマイルへ直接交換することは出来ません。

そこでPeXというポイントサイトを経由する必要があります

pex.jp

そのためハピタスだけではなくPeXにも登録する必要がありますがPeXもハピタスと同様に登録費や年会費は一切発生しません

f:id:Byou:20160516210400j:plain

そしてPeXに交換したポイントはPeXからANAマイルへ交換可能ですがまだマイルへ交換してはいけません

f:id:Byou:20160516134552j:plain

これはなぜかというとPeXからANAのマイルへ交換してしまうと交換倍率が悪く、せっかく貯めたポイントがかなり減産されたマイルとなってしまうからです。

試しにハピタスで1万ポイント貯めたとしてPeXから直接ANAのマイルに交換した場合どの程度のマイルになるのか見てみたいと思います。

f:id:Byou:20160516134553j:plain

[ポイ探] ポイント探検倶楽部:ポイント交換ルート検索、ポイント自動管理

3.PeXからメトロポイントへ、メトロポイントからANAのマイルへ交換する

1万ポイントをPeXからANAのマイルに直接交換すると2820マイルになるため、もう一手間加える必要があります。

それがソラチカカード(正式名称 ANA To Me CARD PASMO JCB)を利用することです。

f:id:Byou:20160518213500j:plain

trip-camera.hatenablog.com

このソラチカカードを発行することで利用できるメトロポイントPlusというサービスがあります。

このメトロポイントPlusに登録を行うことでメトロポイントを利用できるのですが、メトロポイントはPeXのポイントから交換することができ最終的にANAのマイルへ交換することができるのです。

 

f:id:Byou:20160518222109j:plain

ただしこのソラチカカードを発券するにあたり注意点が1だけあります。

それは年会費が2160円発生するということです、しかし初年度は無料なので試しに1年間どの程度マイルが貯まるのかを試してみるのもいいかもしれません。

黄金のソラチカルート

それではこのメトロポイントを介すことで先ほどのハピタス1万ポイントがどの程度ANAマイルへ交換することができるのか見てみたいと思います。

f:id:Byou:20160518224347j:plain

[ポイ探] ポイント探検倶楽部:ポイント交換ルート検索、ポイント自動管理

PeXから直接ANAのマイルに交換した場合は2820マイルにしかなりませんでしたがメトロポイントを介することで8910マイルに交換することができました!

飛行機に乗らずマイルを貯める方々、通称陸マイラー達はポイントサイトでポイントを稼ぎ、PeX・メトロポイントを介し最終的にANAのマイルへ交換する一連の流れをソラチカルートと呼んでいます。

f:id:Byou:20160518222104j:plain

 

ポイントサイトで稼いだポイントをここまでの高倍率でマイルへ交換できるのはソラチカカードを利用したANAマイルへの交換だけになります。

ちなみにハピタスの1万ポイントをJALのマイルへ交換した場合は約5000マイルにしかなりません。

f:id:Byou:20160519234014j:plain

[ポイ探] ポイント探検倶楽部:ポイント交換ルート検索、ポイント自動管理

これがANAマイルの方がJALのマイルより1.8倍貯まりやすい仕組みになります。

ただしこのソラチカルートにもデメリットが存在しています。

まず一つ目のデメリットがメトロポイントからANAマイルへの交換上限が月に18000マイルまでということです。

そのため毎月ポイントを18000マイルへ交換したとしても、18000×12ヵ月で1年間216000マイルまでしか貯めることができないということです(PexのポイントをTポイントへ交換しさらに上乗せしてANAのマイルを貯めることは可能ですが交換倍率が下がるためポイントが余っている方以外はおすすめしません)。

そして二つ目のデメリットがマイルまでの交換に時間がかかるということです。

f:id:Byou:20160518224347j:plain

先ほど紹介した画像を再掲しますが、ハピタスからANAのマイルへ交換するまで最長約4ヵ月かかることとなっています。

これはあくまでも最長期間として算出しているので、各ポイントサイトの交換締め日に合わせてポイントを交換することができたらANAマイルまでは約2ヵ月で交換することが可能です。

まとめ

マイルを貯める方法として長々と記事を書きましたがやっていることは至ってシンプルです。

1.ハピタス等のポイントサイトでポイントを稼ぐ(ポイントサイトへの登録が必要)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

2.ポイントサイトで貯めたポイントをPeXのポイントへ交換(PeXへの登録が必要)

3.PeXのポイントからメトロポイントへ交換(ソラチカカードの発券が必要)

4.メトロポイントからANAのマイルへ交換

f:id:Byou:20160518222104j:plain

発生する金額はソラチカカードの年会費2160円(初年度無料)のみとなります。

そのため主婦や学生の方でもソラチカカードを発券することができればANAのマイルを大量に貯めることが可能ということです。

マイルに興味がない方は2~3の工程を行わず、ポイントサイトで稼いだポイントをそのまま現金化してもいいかと思います。

しかし国内や海外旅行に興味がある方、またご家族に航空券をプレゼントしたい方はぜひソラチカルートを活用し大量のマイルを貯めてみてはいかがでしょうか。

f:id:Byou:20160520005603j:plain

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ

広告を非表示にする
//グローバルナビ